細胞が無事なら可能

HARG療法のメリットは、どのような原因で薄毛になった場合でも対処できるという点です。ただし、毛母細胞が死んでいる状態では対処できません。薄毛を長年放置しており、再び毛母細胞が活性化できない場合や、ケガや病気などによって毛母細胞が死滅している状態でも改善できないので、この点だけは覚えておきましょう。毛母細胞が生きていれば、原因が何であれ対処できるということです。

薄毛もちろん100パーセント改善できるというわけではありませんが、かなり高確率で改善できると思って良いでしょう。HARG療法で薄毛を改善できる確率を上げるためには、クリニック選びが重要になります。クリニック選びに失敗してしまうと、せっかく改善できるはずであった薄毛が改善できなくなってしまう可能性もあります。通う前には、必ずクリニックの評判を確かめておくことが重要です。

ちなみに他の治療法では難しいとされている、遺伝による薄毛の改善も十分期待できるでしょう。薄毛になってしまう原因は多々あるのですが、その多くの原因に対処できるのがHARG療法なのです。通常施術は6回前後行うことが多くなっているので、薬を用いるよりもはるかに短くて済むでしょう。そのため1回の料金は薬よりも高くなりますが、最終的にはHARG療法の方が安く済むことが多いのです。

性別や年齢は関係ない

HARG療法の良いところは、男性だけではなく女性にも用いることができる点です。AGAの治療に用いられているプロペシアやミノキシジルなどの薬は、あくまで男性型脱毛症の治療薬になっているので、女性には用いることができません。しかし、近年は女性が社会に進出することが多くなり、ストレスや食生活の乱れなどから薄毛になる女性も多くなっているのです。

薬女性の場合にはプロペシアやミノキシジルが使えませんので、別の薬を用いる治療が一般的でしたが、HARG療法であれば性別に関係なく治療が可能であるため、重宝されていると言えるでしょう。では、年齢は関係しているのかというと、HARG療法には年齢も特に問題はありません。最近は若い人でも薄毛になる人が増えているのですが、かなり薄毛が進行していない限りは、年齢に関係なく用いることができるのです。

ただし女性や若い人、年配の人であってもかなり薄毛が進行していると、HARG療法では効果が見込めなくなることもあります。しっかりと効果を出すのであれば、ひどくなる前に治療を受けるようにしましょう。年齢は関係ないと言いましたが、効果は特に若い人の方が出やすい傾向にあります。なぜなら毛母細胞に直接働きかける治療法なので、若い人の方が細胞が活性化しやすいからです。

HARG療法薄毛改善

近年医療技術もどんどん進歩していますが、それは薄毛治療であっても例外ではありません。通常薄毛の治療に用いられている方法は、プロペシアなどの薬を用いた治療が一般的でした。他にも植毛という方法をとる医療機関もあるのですが、植毛はかなり治療費が高くなってしまいます。プロペシアなどの薬を用いた治療法は、ジェネリックの医薬品を用いれば多少安くなるものの、長期間継続して服用し続けなければ効果が期待できないので、やはりある程度の費用が必要になります。

HARG療法そこで最近HARG療法と呼ばれている治療法が行われるようになってきたのですが、導入する医療機関が多く出てきたことで注目され始めています。治療費自体は薬を用いるよりも料金が高くなってしまうものの、プロペシアやミノキシジルほど長い期間続けなければいけないわけではありませんし、1回の治療費も植毛より安くなっていることから、経済的にも良い治療法だと言えるでしょう。しかも満足度が高くなっているので、効果も立証済みです。

なぜプロペシアのような薬よりも早く効果が出るのかというと、HARG療法は毛母細胞に直接働きかける効果があるので、早い段階で薄毛の改善が可能になっているのです。しかも一度だけしっかりとした髪の毛に戻るのではなく、継続効果もあるのです。その人の体質や生活習慣の乱れなどで元に戻ってしまう場合もあるのですが、治療後には髪の毛が薄毛にならずフサフサな状態を維持している人もいます。だからこそ現在注目されている治療法だと言えるでしょう。