性別や年齢は関係ない

HARG療法の良いところは、男性だけではなく女性にも用いることができる点です。AGAの治療に用いられているプロペシアやミノキシジルなどの薬は、あくまで男性型脱毛症の治療薬になっているので、女性には用いることができません。しかし、近年は女性が社会に進出することが多くなり、ストレスや食生活の乱れなどから薄毛になる女性も多くなっているのです。

薬女性の場合にはプロペシアやミノキシジルが使えませんので、別の薬を用いる治療が一般的でしたが、HARG療法であれば性別に関係なく治療が可能であるため、重宝されていると言えるでしょう。では、年齢は関係しているのかというと、HARG療法には年齢も特に問題はありません。最近は若い人でも薄毛になる人が増えているのですが、かなり薄毛が進行していない限りは、年齢に関係なく用いることができるのです。

ただし女性や若い人、年配の人であってもかなり薄毛が進行していると、HARG療法では効果が見込めなくなることもあります。しっかりと効果を出すのであれば、ひどくなる前に治療を受けるようにしましょう。年齢は関係ないと言いましたが、効果は特に若い人の方が出やすい傾向にあります。なぜなら毛母細胞に直接働きかける治療法なので、若い人の方が細胞が活性化しやすいからです。