細胞が無事なら可能

HARG療法のメリットは、どのような原因で薄毛になった場合でも対処できるという点です。ただし、毛母細胞が死んでいる状態では対処できません。薄毛を長年放置しており、再び毛母細胞が活性化できない場合や、ケガや病気などによって毛母細胞が死滅している状態でも改善できないので、この点だけは覚えておきましょう。毛母細胞が生きていれば、原因が何であれ対処できるということです。

薄毛もちろん100パーセント改善できるというわけではありませんが、かなり高確率で改善できると思って良いでしょう。HARG療法で薄毛を改善できる確率を上げるためには、クリニック選びが重要になります。クリニック選びに失敗してしまうと、せっかく改善できるはずであった薄毛が改善できなくなってしまう可能性もあります。通う前には、必ずクリニックの評判を確かめておくことが重要です。

ちなみに他の治療法では難しいとされている、遺伝による薄毛の改善も十分期待できるでしょう。薄毛になってしまう原因は多々あるのですが、その多くの原因に対処できるのがHARG療法なのです。通常施術は6回前後行うことが多くなっているので、薬を用いるよりもはるかに短くて済むでしょう。そのため1回の料金は薬よりも高くなりますが、最終的にはHARG療法の方が安く済むことが多いのです。